0%
小林弘幸/順天堂大学医学部教授

「古代の生活」にこそ、現代人が健康に生きるヒントはある

小林弘幸 / 順天堂大学医学部教授 日本体育協会公認スポーツドクター

現代はものが溢れて、贅沢になりすぎました。今こそ人類の原点に戻って、食材を無駄なく使う意識を持ってほしい。

豊かになりすぎてしまった現代社会

小林弘幸/順天堂大学医学部教授

順天堂大学医学部にて教授を務め、自律神経研究の第一人者として知られる小林弘幸さん。現代において「ものが豊富にありすぎることが、人の食生活にとって一番の問題だ」と危機感を抱く。

「人間はものが豊富にあると、どうしても無駄な使い方をすることが増える。現代はそういった状況なので、食材も無駄に扱われてしまいます。本質は何かというと、贅沢になりすぎただけなんです。今は資源が豊富ですが、食物や水は、もしかしたらあっという間に枯渇する可能性だってありますよね」

小林さんが問題だと指摘するのは、人類が進化する中で食生活が変化し、食材を無駄にするようになったことだ。

「かつての狩猟民族は仲間で協力して狩りを行い、獲れた食料は分け合って食べていました。獲物は獲れる日もあれば獲れない日もありましたから、獲れたときは骨や目まで余すことなく食べていたと考えられています。限られた食料を、無駄なく消費していたんです

人類が農耕民族になると、仲間と一緒に食料を調達することが少なくなりました。その上で、畑でつくったものをいつでも食べられるようになる。これによって、食材の無駄が生まれ始めるんです」

食材を無駄なく使う努力や工夫。それが現代ではさらに希薄になっている。

人は、食料が余るほど豊富にあれば、おいしい部分だけを取って調理します。例えばスイカは、真ん中の甘い部分だけを食べて、外側は一切食べないかもしれません。食材の端のほうまで使おうという発想に、至らないんです」

合わせて小林さんが指摘するのは、人類の進歩によって食生活は急激に変化しているが、人の遺伝子はほとんど変化していない事実だ。

人間自体は変わらないのに食生活が大きく変化したことで、現代病を生み出すことになった。

「狩りをしていた時代、うつ病になる人はいませんでした。狩猟民族の時代には起こり得なかった孤立化や貧富の差がその原因です。ヨーロッパで塩が発見されると、高血圧や糖尿病になる人が出てきました。

人類が豊かさを求める中で、食べ物も溢れすぎてしまった。だから今、食べ物を含め『ものを大事にする』という原点に戻る時期にきているんだと思います」

無駄なく食材を使うという「意識」を持つ

小林弘幸/順天堂大学医学部教授

人類の生活スタイルの変化に伴って、同時に食生活も変わってきた。そんな中で小林さんが提案するのは「まず意識を持つこと」だ。

「なんでも人工的に作ることのできる時代だからこそ、意識して食に向き合わなくてはいけないと思います。意識をしないと、見えるものも見えてこない。例えば、はじめて入った部屋で『どこに時計があるか』と聞かれたら、すぐには答えられないですよね。

特に意識していないから、目立つ時計があったとしても、気付かない。ですが、人間の意識とは不思議なもので、一回でもこうして質問されると、次に部屋に入ったときにどこに時計があるのか探すようになりますよ」

では、どんなことを「意識」すべきなのか。

「『食材には無駄なところは何もない』という意識を持つこと。食材も人間の身体も、一緒なんです。足の小指だって意味があって機能している。同じように、魚でも捨ててしまいがちな骨にも、私たちにとって必要なカルシウムなどの栄養が含まれています。『では、骨まで余さず食べるにはどうすればいいだろう』と考えることが大切なんです」

食材に無駄はないと意識した上で、同時に大切なのが「家族や仲間と共に食事をすること」だと小林さんは語る。

「みんなで食事を摂ると、オキシトシンという成分が脳から分泌されるんです。このオキシトシンは愛情ホルモンと呼ばれていて、人に多幸感や優しさをもたらす働きがあるんですよ。

一人で食事を摂ることが日常化すると、オキシトシンが不足します。現代はいじめや体罰、DVなどの暴力を伴う問題が多発していますね。これは、オキシトシンが足りないこともひとつの要因として考えることもできる。

家族や仲間と食事を摂ることは、健康につながるんですよ」

みんなで食事を摂ることがよいということも、古代に学ぶ面があるという。

「狩猟民族の時代は、多人数で狩りをしていました。だから食事も、みんなでしていたんです。みんなで食べるから、あるものを分け合うわけですよね。だから、みんな腹七分目。満腹にならない分、体にとっても健康的です」

合宿と留学で気付いた野菜のおいしさ

小林弘幸/順天堂大学医学部教授

狩猟民族に習い、みんなで食べることを勧める小林さん。そういった食に対しての考え方をつくったのは、学生時代の経験が大きいそうだ。

「高校生の頃までは、野菜は食べませんでした。どちらかというと、嫌いでしたね。野菜が好きになったのはラグビー部の合宿がきっかけです。合宿で出された料理の中に、普段は食べないピーマンが入っていました。

本当は嫌いだったけど、それしか無かったから食べざるを得なかった。そしたら、ピーマンってこんなに美味しいんだ、と気付いたんです」

その後、留学したロンドンでは、さらに食の選択肢が少ない状況に置かれたという。

「ロンドンでは病院の寮で生活していました。食堂で食事を摂っていたのですが、正直まったく口には合いませんでしたね。ひとつだけ、なんとか食べられるものがあったから、それだけは端から端まで残さず食べた」

部活動の合宿と留学、ふたつの経験によって小林さんが気付いたのは、選択肢が豊富であればあるほど人は選り好みしてしまうということだ。それは、これまでに話してもらった現代の食の課題にも通じる。

「人間は飢えた状態になればなんでも食べようと努力します。しかし、今は贅沢になりすぎた。資源の豊富な状態がこれからも続くわけではないかもしれない。だからこそ今、ものを大事にしていた人類の原点に戻るときなのではないでしょうか

小林弘幸(こばやし ひろゆき)順天堂大学医学部教授

小林こばやし 弘幸ひろゆき

1987年に順天堂大学医学部卒業。1992年に同大学の大学院医学研究科博士課程を修了。その後アイルランド国立病院外科を経て、順天堂大学小児外科講師・助教授を歴任。現在は順天堂大学医学部教授、日本体育協会公認スポーツドクターを務める。著書に「医者が考案した『長生きみそ汁』」「自律神経を整える『あきらめる』健康法」など

取材日/2019年3月

ZENB initiative

おいしい日本の食は作る人と食べる人が一緒に作る

高橋義弘 / 日本料理 料理人

大きな生態系につながる一員として考え、料理をする

ジュリアン・デュマ / フランス料理 シェフ

その土地にずっと残っている料理が、本物のおいしさを持つ

小林清一 / イタリア料理 シェフ

新しい当たり前を作ることが未来の食文化を育む

沖大幹 / 水文学者・大学教授

食材選びは、シェフの責任で行う社会貢献活動

パスカル・バルボ / フランス料理 シェフ

本物の味わいを生かせば、未来のおいしさは豊かになる

垣本晃宏 / パティシエ

イタリア料理の精神アンティスプレーコを世界に広める

マッシモ・ボットゥーラ / イタリア料理 シェフ

“健康的な美食”は体と地球を守り、人生を楽しくする

ハインツ・ベック / ガストロノミーイタリアン シェフ

「古代の生活」にこそ、現代人が健康に生きるヒントはある

小林弘幸 / 大学教授

食の未来は、子どものリテラシーを上げれば変わる

小山薫堂 / 放送作家・脚本家

和食のルールに立ち返ることで健康を取り戻す

小西史子 / 大学教授

「感覚」を取り戻せば社会への視点が変わる

佐藤卓 / グラフィックデザイナー

世界に誇る日本の水産資源を守るために進むべき道がある

岸田周三 / フランス料理 シェフ

日本の魚と海の危機を伝える旗振り役として立ち上がる

石井真介 / フランス料理 シェフ

世の中の空気が変われば、解決できる食の問題がある

安中千絵 / 管理栄養士・フードディレクター

日本人に必要なのは、エネルギーとシンプルさを持つ食

大原千鶴 / 料理研究家

食の大切さを、自然に寄り添う意識を高めることで見直す

村山太一 / イタリア料理 シェフ

環境にいい「食べ方」は心身を満たす

西邨マユミ / マクロビオティック・ヘルス・コーチ

食の好循環が、豊かな世界を導く

佐藤祐造 / 医学博士

「おいしく使いきる精神」で100年先の食文化へつなぐ

髙良康之 / フランス料理 シェフ

ジュゼッペ・モラーロ

新しいおいしさ、安全なおいしさの探求

ジュゼッペ・モラーロ / イタリア料理 シェフ

秋山能久(あきやまよしひさ)

食のサステナビリティは未来を変える

秋山能久 / 日本料理 料理長

MORE

ZENB initiativeの考え方に共感していただいた皆様のご意見となります。
ZENB JAPANの商品とは直接関係はありません。